久保歯科医院ブログ

2014年6月24日 火曜日

親知らずの抜歯は経験豊富な当院にお任せ下さい

親知らずは、高校生になった頃に生えてくる歯のことで、親知らずが無い方もいれば、奥に埋まったまま生えてこない方もいます。
正しく生えてくれば問題はないのですが、現代人は顎の骨が小さくなっているため、斜めや横向きに生えてきてしまいトラブルの原因となります。

親知らずが斜めや横向きに生えてくると正しいブラッシングができずに、隣の歯まで虫歯になりやすくなります。
また、歯並びが悪くるため、噛み合わせにも影響がでて、顎関節症になるリスクも高くなります。
このような点から、親知らずの抜歯をおすすめします。

親知らずの抜歯は、メスや麻酔を使用する口腔外科で行います。
当院には口腔外科医がおり、抜歯件数1000本以上の実績がありますので、大阪市、此花区にお住まいの多くの患者さまに当院を選んでいただいています。

投稿者 久保歯科医院

親知らず専門NAVI 監修:久保歯科医院 電話番号:06-6463-8055