久保歯科医院ブログ

2014年6月 5日 木曜日

負担の少ない親知らずの抜歯治療を行います

普通の歯を抜くことさえ痛みを考えると大変なのに、親知らずの抜歯と聞くと、もっと大変そうだと思いませんか。
それは、親知らずが口の一番奥に生える歯で、状況によっては歪んで生えてくることもあります。
だから抜歯中は口を大きく開け続けていなくてはならないし、抜歯後は痛みだけでなく顔が腫れてしまい、外出ができなくなるからです。

しかし、親知らずの生え方や噛み合わせを悪化させている場合、親知らず自体が虫歯になっている場合は、抜歯をおすすめすることになります。

当歯科医院では、親知らずの抜歯に関して豊富な経験を持つ院長が担当し、なるべく負担の少ない治療を行います。
此花区だけでなく、大阪市一円から親知らずに悩む患者様がおいでになります。

投稿者 久保歯科医院

親知らず専門NAVI 監修:久保歯科医院 電話番号:06-6463-8055