久保歯科医院ブログ

2014年1月30日 木曜日

経験豊富な歯医者が親知らずを抜歯

親知らずは、智歯や知恵歯ともいわれ、多くは高校生になった頃くらいに生えてきますが、一生生えない方もいます。

正常に生えてくる場合は問題ありませんが、現代人は顎が小さくなっているため、斜めに生えてしまうことがあり、そのせいで痛みを感じたり、歯磨きが十分にできずに周りの歯が虫歯になったりします。
虫歯や歯並びの悪化というリスクを減らすためにも、当院では抜歯をおすすめしています。

親知らずの抜歯は、外科的な治療を行う口腔外科にあたります。
難易度が高いため、歯科医師の技術と経験が抜歯のキーポイントとなります。
当院には口腔外科出身の歯科医がおり、抜歯件数1000本以上の実績があり、十分な経験を積んでいます。
親知らずの抜歯なら、大阪市此花区の当院にご相談ください。

投稿者 久保歯科医院

親知らず専門NAVI 監修:久保歯科医院 電話番号:06-6463-8055