ホーム > 親知らず抜歯の後

親知らず抜歯の後

抜歯後に起こる「痛みと腫れ」

抜歯後に起こる「痛みと腫れ」

腫れや痛みの程度は患部の状態により個人差があり、腫れがほとんど出ないこともあります。
通常の腫れであれば、抜歯後、2~3日がピークとなり、1週間程度で収まりますが、鈍痛が続き、内出血することもあります。
唾を飲み込むときの喉の痛みや、唇の周りにしびれ、また、炎症によって顔の腫れなどを訴えられる方もいらっしゃいます。
抜歯後の腫れは、歯肉を開く範囲や骨の削除量、炎症の程度によって変わります

抜歯後のトラブル「ドライソケット」

抜歯後のトラブル「ドライソケット」

ドライソケットは抜歯後に起こるトラブルです。
ドライソケットと食渣がたまるのは別のことです。ドライソケットでなくても創窩に食渣がたまることはしょっちゅうあります。

抜歯後の粘膜にかさぶたができて治癒するのがベストですが、うがいや食事でかさぶたが取れてドライソケットになることがあります
抜歯した歯肉の粘膜には血が固まり、保護するかさぶたが取れて、骨の一部がむき出しになって痛みが生じます

抜歯後は痛み止めや化膿止めの抗生物質を処方します。ドライソケットの対処法として、生理食塩水等で洗浄し、場合によっては投薬を行います。それでも治癒しないときは、再掻把といった処置を行うこともあります。また抜歯窩に食渣がたまり、不潔となるときは、家で注射筒(シリンジ)を使って創窩(傷口)の洗浄を行なってもらいます。

抜歯後のメンテナンスも慎重に

抜歯後のメンテナンスも慎重に

親知らずは抜歯後のメンテナンスも重要です。

抜歯後、2~4日分の痛み止めと腫れ止めの薬を処方し、その後も痛みや腫れが引かない場合、追加で処方いたします。
抜歯箇所の状態によっては何回か通院していただき、経過観察を行います。

また、抜糸後も定期的に来院していただき、抜歯した箇所のチェックを含めて口腔内のメンテナンスを受けていただくことをおすすめしています。

親知らず専門NAVI 監修:久保歯科医院 電話番号:06-6463-8055